二次会や忘年会の景品のこと

ビンゴでの景品の配り方

誰かがビンゴで一列揃った瞬間だけでなく、景品を受け取る瞬間まで
盛り上げたいと思った時には、その景品を包むケースにもこだわりを持ちましょう。
むしろビンゴの醍醐味は、豪華な景品がもらえるところにあります。
そのため、予算的にあまり豪華と言えるほどでもない景品の内容に
なっているのであれば、包み方や見せ方に工夫を凝らすことで
ある程度カバーできます。

演出

例えば、中が全く見えない状態にして、開けてからのお楽しみにすることです。
そのケースの中に何が入っているのか分からないドキドキを、
ビンゴで当たった人だけでなく、二次会の参加者全員が楽しむ事ができます。

見た目はとても大きなケースや包み紙に入っているにも関わらず、
ケースを開けて中身を見てみると、サイズが小さくて
驚かされるという演出も人気が高いです。

そういうケースの見た目とのギャップを楽しんでもらう際には
中身は小さいながらも金銭的には価値があるものを
入れておく事をおすすめします。

実は中身が小さくてガッカリさせておきながら、よく中身を見てみると
価値があるもので二回驚けるという、その演出も参加者の皆さんが
評価してくれることでしょう。

ドキドキ

配り方にこだわりを持つだけなら、費用が大きくなってかさんでしまう
という事もないからこそ、演出方法としてもおすすめ出来ます。